違法にならないように配慮を

カーナビ

gpsはクルマに設置されることが多く、これは相手の行き先を特定しやすいからです。たとえ親しい間柄であっても、相手のカバンを勝手に開けたり、スマホに追跡アプリを仕込んだりするのは違法になる可能性が高いです。gpsに関しては車両後部の底につけるのが基本であり、相手から見つかる確率が極めて低くなります。注意したいのは相手のクルマの鍵を使用し、許可なく車内に侵入してgpsを設置するケースです。これは言うなれば人の家に勝手に入るような行為であり、刑事罰に問われる可能性があります。gpsのレンタルを利用する前には、何をすれば違法なのか事前に調べておく必要があります。相手の悪事を暴くつもりが、自分が捕まっていては本末転倒です。

なぜ買うより借りたほうがいいのか

gpsは格安商品が出回っていますが、精度の高さを追求すれば高額になっていきます。探偵社であればgpsの使用頻度が高いので、購入したほうがお得かもしれませんが、一般の方が使用する状況はあまりないでしょう。gpsのレンタル目的で特に多いのは浮気調査で、配偶者と浮気相手の浮気現場を特定するために活用されています。レンタル専門会社ならば、状況に合わせたgpsを紹介してくれるので、選択ミスをするリスクはありません。gpsの目的は証拠をつかむことですから、途中で作動しなくなったり、相手の居場所が曖昧になったりすれば困ります。レンタルサービスは機種や日数、予算といった利用者の希望に合わせたタイプを提案してくれます。

追跡調査で失敗しないために

一般の方は追跡調査の経験がないケースがほとんどであり、それゆえミスを招きやすいです。gpsのレンタルを活用する際には、追跡調査のプランを計画しておくことも大切でしょう。例えば浮気調査であれば、何日くらいの調査になるか、対象者に見つからないためにどうするか、撮影用のカメラの精度に問題はないか、などを確認しておく必要があります。せっかく高精度のgpsをレンタルしても、浮気調査が相手に発覚すればすべて水の泡になるからです。gpsのレンタル会社のなかには、使用状況に合わせて選んでくれる店があります。相手の行動履歴を残すためにはロガータイプ、位置を正確に把握するにはリアルタイプが役立ちます。浮気調査においては現在位置を特定し、現場を押さえる必要性があることから、後者のタイプが選ばれることが多いです。gpsや撮影用カメラは適切なものを選ばないと、調査が長引いて成功率が低くなります。特に配偶者を追跡する状況では、他人の場合よりも見つかる確率が非常に高いため、短期集中的な調査が必要になります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中